MatriMix(511)とは

MatriMixは、コラーゲンとラミニンE8(511E8)、ヒアルロン酸から構成される新たな三次元培養用基材です。濃度等を変えることで、様々な細胞に適した細胞周囲の微細環境を提供して組織形成を促します。

MatriMixを用いた三次元培養図
MatriMixを用いた三次元培養図

特徴

・新規三次元培養用基材
・組成が明らかな製品のため、ロット間差が少ない製品です。
・従来の製品と比較して、より複雑で多様性のある組織化が可能です。

MatriMix基底膜成分
(マウス腫瘍抽出物)
合成ポリマーベース製品ハンギングドロッププレート
基材選択バリエーション(多種のコラーゲン型、ラミニンアイソフォームの組み合わせ)×××
生体内を模倣した組織化誘導××
ゲル強度のコントロールが可能×××
細胞外マトリックスの模倣××
構成材料の明確さ×
成長因子(不純物)不含有×
透明性××
がん細胞オルガノイドでの間質誘導×××
各臓器オルガノイドでの細胞分化誘導××

使用例

例1 各臓器のオルガノイド形成

マウス発生期臓器由来細胞をMatriMixを用いて三次元培養した、7日目の写真

マウス発生期臓器由来細胞をMatriMixを用いて三次元培養した、7日目の写真です。
細胞の組織化および集合化が観察できます。

A.腎ネフロン
B.腸オルガノイド 
C.肝血管形成
D.肝オルガノイド

緑:Podocalyxin(糸球体上皮細胞), 赤:PECAM-1(血管)
緑:CDX2(成熟腸細胞), 赤:Type IV collagen
赤:PECAM-1(血管)
緑:CK19(胆管), 赤:Albumin(肝実質)

例2 ヒト患者由来大腸がんオルガノイド形成

ヒト患者由来大腸がん幹細胞を、MatriMix又は基底膜成分で7日間、三次元培養した写真

ヒト患者由来大腸がん幹細胞を、MatriMix又は基底膜成分で7日間、三次元培養した写真です。
MatriMixで形成されたオルガノイドは、VimentinとCEAどちらも陽性であり、浸潤転移能を持った細胞集団形成が観察されました。(図A, B)
その一方で、基底膜成分で形成されたオルガノイドは、CEAは陽性であるものの、Vimentinは陰性となりました。(図C, D)

例3 株化がん細胞の培養

各ヒト株化がん細胞を、MatriMix又は基底膜成分で8日間、三次元培養した写真です。MatriMixで形成されたオルガノイドは、転移能を持つ細胞のマーカーであるVimentinと細胞間接着マーカーであるE-cadherinがどちらも陽性であり、浸潤転移能を持つ細胞集団の形成が観察されました。(図A, B) がんオルガノイドの内部は基底膜成分であるIV型コラーゲンで染色され、細胞集団外部は間質コラーゲンであるI型コラーゲン網に囲まれていることが分かります。(図C) 一方、基底膜成分で形成されたオルガノイドは、Vimentinが陰性、E-cadherinが陽性であり、基底膜の形成も見られません。(図F)

製品のより詳細な情報をご希望の方はこちらをクリックしてください。(外部サイトへ移動します)

キット内容

新規三次元培養基材「MatriMix(511)」の製品画像
A液(1.85 x DMEM、ラミニン511E8断片/ヒアルロン酸架橋物)3.6 mL
B液(2.5% 炭酸水素ナトリウム)1.0 mL
C液(5.0mg/mL コラーゲン)3.0 mL
製品名製品番号容量価格詳細情報
MatriMix(511)8990011 ST¥25,000データシート

>MatriMixについてよくある質問

当サイト内に掲載されている*価格は予告なく変更されることがあります。*表示価格はすべて税抜き価格です。

資料請求・当サイト掲載商品に関するお問い合わせは<お問い合わせフォーム>もしくは弊社企画開発課まで

企画開発課 [TEL] 03-3241-2573 [FAX] 03-3279-6397

本ページに掲載の商品は全て研究用試薬です。研究目的以外の用途にはご使用できません。また、個人の方への販売は行っておりません。