Sino Biological社は国際的な試薬サプライヤーです。同社は組み換えタンパク質の生産と抗体開発を専門としており、組み換えタンパク質、抗体、cDNAクローンなどの全ての製品は、独自に開発および製造されております。特にウイルス関連製品(タンパク・抗体・cDNA)に力を入れており、同社の持つ世界最大の組換えウイルス抗原コレクションには、90種類以上のウイルスタイプ/サブタイプ、350種類を超える株に由来する製品が、1000種類以上含まれております。Sino Biological社は世界中の研究者をサポートするため、ワンストップテクニカルサービスを提供しております。

インフルエンザウイルスについて

インフルエンザは、哺乳類や鳥の呼吸器感染症で、オルトミクソウイルス科のRNAウイルスが原因です。インフルエンザウイルスは4つの主要なタイプ(A型、B型、C型、D型)に分けられ、2つの主要な内部タンパク質(血球凝集素(HA)とノイラミニダーゼ(NA))の違いによって区別されます。4種類のインフルエンザウイルスのうち、A型、B型、C型の3種類がヒトに感染します。D型がヒトに感染した報告はありませんが、感染する可能性はあると考えられています。
A型インフルエンザウイルスは、野生の水鳥に感染した株に由来すると考えられており、さまざまな鳥や哺乳類の種に見られ、免疫学的特性に大きな変化をもたらす可能性があります。B型インフルエンザウイルスは主にヒトに感染し、子供への影響が大きく、罹患の大きな原因となっています。C型インフルエンザは一般的に軽度または無症状で、罹患の原因ではないため、ほとんど知られていません。A型およびB型インフルエンザは季節性の流行を引き起こし、特にA型インフルエンザは世界的なパンデミックを引き起こしました。
一般的に、A型インフルエンザ感染症は毎年ヒト感染症の約2/3を占めています。A型インフルエンザウイルスは、免疫系の最も重要な標的で、膜タンパク質であるヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)の違いに基づいて、さらにサブタイプに分類されます。HhNn表記は、h番目に発見されたヘマグルチニン(HA)タンパク質とn番目に発見されたノイラミニダーゼ(NA)タンパク質を含むサブタイプを指します。インフルエンザウイルスのヘマグルチニン(HA)タンパク質は、各モノマーの球状頭部(globular head)に受容体結合ポケットを持つホモ三量体であり、ノイラミニダーゼ(NA)タンパク質は、各モノマーの頭部に酵素活性部位を持つ四量体です。サブタイプはさらに株(strains)に分けられます。遺伝的に異なる各ウイルス分離株は、通常、別の株と見なされます。

インフルエンザウイルスの分類/種類

A型インフルエンザB型インフルエンザC型インフルエンザ
ホスト人間、水鳥、家禽、豚、馬、海獣、コウモリ人間、アザラシ人間、豚、犬
遺伝子セグメント887
タンパク質11119
HA / NA抗原サブタイプ18 HA、11 NAなしなし
臨床的特徴中等度から重度の症状A型インフルエンザよりも軽度の症状主に無症状
疫学的特徴パンデミックを引き起こす。A型インフルエンザよりも重症度の低いエピデミック。パンデミックは引き起こしません。エピデミックやパンデミックは引き起こしません。

インフルエンザ研究用試薬

Sino Biological社のインフルエンザ研究用試薬はすべて自社で製造されており、以下の通り多くのサブタイプと株をカバーしております。
・2500以上の研究試薬:タンパク質、抗体、cDNA、ELISAキット
・60以上のサブタイプ:H1-H18、N1-N11、B型インフルエンザなど
・250以上の株:ワクチン株、パンデミック関連株、HPAI株など
・インフルエンザウイルス抗原:HA(HA0、HA1、HA2、HA)、NA、NP、M1、M2、NS1、NS2、PB1、PB2、PA

抗原名で検索

製品価格・在庫状況を確認する

サブタイプで検索

全てのインフルエンザウイルスのサブタイプはこちら

製品価格・在庫状況を確認する

株名で検索

全てのインフルエンザウイルス株はこちら

製品価格・在庫状況を確認する

当サイト内に掲載されている*価格は予告なく変更されることがあります。*表示価格はすべて税抜き価格です。

資料請求・当サイト掲載商品に関するお問い合わせは<お問い合わせフォーム>もしくは弊社企画開発課まで

企画開発課 [TEL] 03-3241-2573 [FAX] 03-3279-6397

本ページに掲載の商品は全て研究用試薬です。研究目的以外の用途にはご使用できません。また、個人の方への販売は行っておりません。