ACROBiosystems社

ACROBiosystems社は最先端のバイオテクノロジーを利用した事業を世界規模で展開し、ビオチン標識タンパク質、がん治療の標的タンパク質、Fc受容体さらに細胞培養に関する製品の開発と生産を行っております。
医薬品開発に求められる高品質・高活性・ロット間の一貫性を満たすビオチン標識タンパク質を提供することで、創薬・プロテオミクスおよび細胞治療の分野における製品化や臨床応用への展開を強力に支えております。

ACROBiosystems社の会社紹介動画(約3分)

ACROBiosystems社製品のコア技術

  • 厳正なアニマルフリー・ゼノフリー条件での独自技術 HEK293 発現プラットフォーム
  • 独自開発された生物活性および標識率が最適化された酵素および化学的ビオチン標識技術

注目製品

ビオチン化タンパク質コレクションMABSOL® Biotinylated Protein Collection

ビオチンはビタミンB群に分類される水溶性ビタミンでありながら、研究現場においてはタンパク質の検出や精製、固定化などタンパク質標識として様々な用途に使用されるユニークな化合物です。
MABSOL® Biotinylated Protein CollectionではAviTag™ 技術を採用したPrecisionAviシリーズと同社で開発した化学標識技術で提供するUltaraLysシリーズのビオチン標識タンパク質を提供しております。

PrecisionAviシリーズ

このシリーズのビオチン標識製品はAviTag™ 技術を用いて製造されており、ビオチン化はAviタグのリジン残基にのみ施されるため、タンパク質の結合部位は干渉されません。また、アビジンコートプレートへ固定する際には配向を均一に保つことが可能です。

UltraLysシリーズ

このシリーズのビオチン標識製品はACROBiosystems社独自の化学的ビオチン標識が施されております。一つのタンパク質において複数のビオチンが標識されているため、より高感度な検出が期待されます。

PrecisionAvi シリーズ

UltraLys シリーズ

免疫チェックポイントタンパク質コレクションImmune Checkpoint Protein Collection

免疫チェックポイント経路には、共刺激および阻害タンパク質の両方が関与しており、補助刺激受容体は、病原体に 対する免疫を促進するシグナルを伝達する一方、阻害性受容体は、過度な炎症を防ぐためにT細胞活性化を負に調節しております。近年、免疫チェックポイントタンパク質はがん発生に関与しているため注目を集めており、ACROBiosystemsではCTLA-4やPD-1, PD-L1に継ぐ、より良いチェックポイントタンパク質へのアプローチをサポートするために独占的な免疫チェックポイントタンパク質コレクションを提供しております。

特徴

  • Fcタグ、Hisタグ、Strepタグあるいはタグフリーなどの豊富な製品ラインアップ
  • ヒト、マウス、ラット、ウサギ、アカゲザル、カニクイザルなどの動物種由来の製品提供
  • リガンド/レセプターの結合活性-ELISAデータを提供

アプリケーション

Fc受容体タンパク質コレクションFc Receptor Proteins Collection

抗体医薬品の有効性は Fab フラグメントと標的抗原の結合活性のほか、Fc フラグメントと Fc 受容体の相互作用に 依存します。FcRn(FCGRT&B2M)に対する Fc フラグメントの結合親和性は、抗体の半減期に関係する一方、 FCGRIIIA(CD16a)との結合親和性は、抗体の ADCC 活性に関与します。そのため、これらの Fc 受容体に対する 結合親和性のスクリーニングは、抗体医薬品~抗体医薬品の開発段階~の開発段階において重要な要素となります。 ACROBiosystems では モノクローナル抗体の開発を促進するために、一般的な変異体を含む組み換え Fc 受容体タンパク質 コレクションを提供しております。

特徴

  • SPR検証データおよびプロトコールの提供
  • 一貫したバッチ間の品質を保証
  • ビオチン標識Fc受容体タンパク質の提供

Fc Receptor

HPLC 検証済みタンパク質コレクションHPLC-verified Proteins Collection

組み換えタンパク質の品質は医薬品開発過程のアッセイにおいて重要な要素となります。ACROBiosystems では SDS-PAGE のほか、SEC-HPLC において品質を確認したタンパク質コレクションを提供しております。

図1. SEC-HPLC analysis shows that 95% of ActiveMax® VEGF165 (Cat. No. VE5-H4210) presents to be as active Human Homodimers
図 2. The purity of Human PD-L1, Fc Tag (HPLC-verified) (Cat. No. PD1-H5258) was greater than 95% as determined by SEC-HPLC

引用文献情報

  • Heterocyclic Compounds as Immunomodulators
    Authors: L Wu et al.
    Journal:US20170107216A1 2017
    Product:Human PD-L1(Cat. No. PD1-H5229),Human PD-1(Cat. No. PD1-H5257)
    Application:HTRF Binding Assay
  • A Novel Pd-L1-Targeting Antagonistic DNA Aptamer with Antitumor Effects
    Authors:Lai WY et al.
    Journal:Mol Ther Nucleic Acids 2016
    Product:Human PD-L1(Cat. No. PD1-H5229)
    Application:ELISA
  • In Vitro Fab Display:A Cell-free System for IgG Discovery
    Authors:Stafford RL et al.
    Journal:Protein Engineering, Design and Selection 2014
    Product:Human VEGF121(Cat. No. VE1-H4213)
    Application:SPR

阻害剤スクリーニングELISAInhibitor Screening Kits

PD1 / PD-L1経路・阻害剤スクリーニングキット

ACROBiosystems社ではPD-1 / PD-L1経路阻害剤のELISAによるスクリーニングに必要な試薬を提供しております。迅速かつハイスループットに候補阻害剤をスクリーニングすることが可能です。

測定原理

    測定には以下の4つの簡単なステップが含まれます。

  1. ヒトPD-L1タンパク質でプレートをコーティングします
  2. ビオチン化ヒトPD-1タンパク質をコーティングしたプレートに加えます
  3. ポジティブコントロールあるいは用意した候補化合物を加えます
  4. ストレプトアビジン-HRPを追加し、続いてTMBまたはその他の比色HRP基質を追加します
  5. 最後に異なる実験グループ間のOD値を比較することで候補物質のPD-1 : PD-L1間の結合阻害能を判断します。

製品番号製品名
EP-101PD-1 [Biotinylated] : PD-L1 Inhibitor Screening ELISA Assay Pair

保証されたタンパク質相互作用

キット中に含まれるPD-1およびPD-L1タンパク質はHEK293細胞により発現されており、結合活性に不可欠な翻訳後修飾が保証されております。

高検出感度かつ高再現性を実現

同社独自のラベリングにより提供されるビオチン化タンパク質は高検出感度かつ最小限のロット間差により提供され、キット性能を保証しております。

迅速かつ簡単な操作ステップ

標識済みPD-1タンパク質の提供によりラベリングによるタイムロスを無くし、かつ非常にシンプルなアッセイステップを実現しております。

スタンダードに使用可能な抗PD-1中和抗体

ポジティブコントロールとして抗PD-1中和抗体が含まれており、阻害活性測定の検証に有用です。

測定データ例

Binding of Biotinylated Human PD-1 to Immobilized Human
PD-L1 in a Functional ELISA Assay

Immobilized human PD-L1 protein at 2 μg/mL (100 μL/well) can bind human PD-1-Biotin with a linear range of 0.038 - 0.6 μg/mL when detected by Streptavidin-HRP. Background was subtracted from data points before curve fitting.
Inhibition of PD-1-PD-L1 binding by Anti-PD-1 Neutralizing Antibody measured using the PD-1 [Biotinylated]: PD-L1 Inhibitor Screening ELISA Assay Pair (Cat. No. EP-101)
Serial dilutions of anti-PD-1 neutralizing antibody (1:2 serial dilutions, from 10 μg/mL to 0.078 μg/mL (66.667 nM to 0.521 nM) was added into PD-L1 : PD-1-Biotin binding reactions. The assay was performed according to the above described protocol. Background was subtracted from data points prior to log transformation and curve fitting.

構成品

製品名96 tests480 tests
Human PD-L1(A001-214)25 μg125 μg
Human PD-1-Biotin(A002-214)5 μg25 μg
Streptavidin-HRP(A003-214)5 μg25 μg
Anti-PD-1 Neutralizing Antibody(PD1-NA001)20 μg100 μg

その他のターゲット

製品番号製品名
EP-102CD47: SIRP alpha [Biotinylated] Inhibitor Screening ELISA Assay Pair
EP-103PCSK9 [Biotinylated] : LDL R Inhibitor Screening ELISA Assay Pair
EP-105SARS-CoV-2 Inhibitor Screening Kit

抗 PD-1 抗体 構築 ELISAELISA Assay Kits for Anti-PD-1 h-mAb

ACROBiosystemsでは抗体医薬の薬物動態研究を容易にするための抗PD-1 抗体 ELISAキットを提供しております。オプジーボやキイトルーダの成功により、多くの抗PD-1抗体が開発されておりますが、これらの抗体を含む、複数の抗体において検証済みであり、動物種やサブタイプに依存せず測定が可能です。

分子製品番号動物種製品名
PD-1EPH-V1HumanELISA Assay Kit for Anti-PD-1 h-mAb in Human Serum
PD-1EPM-V1MouseELISA Assay Kit for Anti-PD-1 h-mAb in Mouse Serum
PD-1EPC-V1MonkeyELISA Assay Kit for Anti-PD-1 h-mAb in Monkey Serum

多種PD-1抗体実証済み

上市されたオプジーボやキイトルーダの他、様々な抗PD-1抗体で検証済みです。宿主動物種やサブタイプに依存せず、測定が可能です。

測定に必要な最低限の試薬を提供

プレートコート用PD-1タンパク質、ビオチン標識抗PD-1抗体、ストレプトアビジン-HRP、スタンダード用抗PD-1抗体の4種を提供します。

ELISA Assay Kits for Anti-PD-1

構成品

製品名96 tests480 tests
Human PD-1 (PK101-213)15 µg60 µg
Biotinylated anti-PD-1 antibody (PK102-213)10 µg10 µg
Streptavidin-HRP (PK103-213)5 µg25 µg
Anti-PD-1 antibody (PK104-213)30 µg30 µg

CAR-T細胞療法標的タンパク質Targets of CAR-T Cell Therapy

キメラ抗原受容体T(CAR-T)細胞療法は、さまざまな癌に対する新しい治療法として期待されております。遺伝子改変技術により、患者由来のT細胞に腫瘍関連抗原(TAAs)を特異的に認識するキメラ受容体(CAR)を発現させ、再び体内に戻す自家T細胞治療ですが、CAR発現を評価することはCAR-T細胞産生における必須の工程となります。

ACROBiosystems社ではCAR-T治療法の開発をサポートするために、広範囲なタンパク質コレクションを提供しており、CAR発現の評価に適したFITCやビオチンなどの標識標的抗原や、発現が困難な BCMA、CD19、ROR1、EGFRVIII などのタンパク質も提供しております。

蛍光標識タンパク質

Key Features

  • ターゲットタンパク質が標識済み
  • 直接標識の為、処理時間の短縮が可能
  • 二次抗体の非特異的反応がない

FITC標識タンパク質

PE標識タンパク質

ビオチン化タンパク質

Key Features

  • ABC法での検出が可能(biotin-avidin complex)
  • 検出感度および特異性が向上

非標識タンパク質

Key Features

  • 蛍光標識タグ抗体での検出
  • 豊富なターゲットを提供

ラマ IgG Fc 融合タンパク質Llama IgG Fc Fusion Protein

Llama(ラマ、リャマ)を含むラクダ科が持つ単一ドメイン抗体(ナノボディ)は重鎖のみで構成され、単一の可変ドメイン(VHH)と2つの定常ドメイン(CH2, CH3)を含みます。この新しいクラスの抗体は、従来の抗体よりも遥かに小さなサイズな為、アクセスが困難であったエピトープを認識できることが知られております。また、安定性に非常に優れ、様々なホストから製造ができるため、診断や抗体医薬への応用が期待されております。

ACROBiosystems社ではラマ免疫の為のユニークなラマIgG Fc融合組み換え抗原タンパク質を提供します。

VHH 抗体の一般的な作製工程

特徴

  • Fcタグが二量体化を促進することで免疫原性を高めます。
  • タグの免疫原性は低い
  • 長い半減期と優れた安定性
  • 高純度かつ高活性
  • 低エンドトキシン(10EU/mg 以下)

ラマIgG Fc融合タンパク質

ビオチン化タンパク質

ファージディスプレイライブラリーのバイオパニングにおけるハイスループットスクリーニングの為に、ACROBiosystems社ではアビジンコート表面で利用可能なビオチン化タンパク質を提供いたします。Avitagによりビオチン化部位がコントロールされているため、抗体の結合活性に影響を与えません。

資料請求・製品に関するお問合せは弊社企画開発課まで

企画開発課 [TEL] 03-3241-2573 [FAX] 03-3279-6397

本ページに掲載の商品は全て研究用試薬です。研究目的以外の用途にはご使用できません。また、個人の方への販売は行っておりません。