【アメリエフ】シングルセル遺伝子発現 FIexの活用のすすめ

セミナー紹介

概要

WET&DRYベストプラクティスセミナーは、技術テーマに関する実験からデータ解析までの一連の技術をお伝えするイベントです。注目されている技術について、新規導入や製品を比較検討するために、効率よく情報収集されたいみなさまに概況やエッセンスをお伝えしていきます。近年、「シングルセル遺伝子発現Flex」を用いて固定化したサンプルから解析を行う技術が非常に注目されています。サンプルを固定して実施するため、例えば安定に保管しておいて時系列実験を行うなど、柔軟に研究計画を立てることができます。またマルチプレックスによりサンプルあたりの費用を抑えつつ、サンプル調製時の細胞生存率によるバイアスが低減し、より高感度なシングルセル遺伝子発現解析が可能となります。本セミナーでは、10x Genomicsの認定プロバイダーであるアゼンタより、「シングルセル遺伝子発現Flex」のサンプル調製など実験上の要点や注意点を中心に解説します。続いて、アメリエフより、多サンプルによるシングルセルRNA発現データ解析の事例やバイオインフォマティクス環境構築についてご紹介します。質問時間を設けますので、実験からデータ解析まで幅広い情報を収集いただく機会としてご活用ください。
※今回は2023年12月1日に実施したセミナーの録画配信となります。

詳細情報

【詳細URL】詳細はこちら

【開催日時】2024年2月15日(木)17:00-18:00

【会場】オンライン(Zoom)

【参加費/定員】無料/500名

【参加登録】要(申込期限:2024年2月13日 12:00)
お申し込みはこちら

アジェンダ

17:00開会のご挨拶
17:00-17:25シングルセル遺伝子発現Flexの特長とワークフロー
アゼンタ株式会社 カスタマーサポート 鈴木貴大氏
17:50-18:00質疑応答、閉会のご挨拶
※質疑応答は12月1日実施時の録画です。ご質問はアンケートにご記入ください。