ラット腎炎惹起用モノクローナル抗体

Chondrexでは特定の系統のラットに腎炎を惹起するための腎糸球体基底膜(GBM)に対する3種のラットモノクローナル抗体をご用意しています。この腎炎は腎糸球体基底膜に対する自己抗体によって引き起こされ、時には血尿が認められる激しい腎疾患であるヒトのグッドパスチャー症候群(Goodpasture's Syndrome)のモデルとして用いられます。
腎炎惹起用モノクローナル抗体はラットIV型コラーゲンα4鎖の非コラーゲン性ドメイン1(non-collagegenous domain 1:NC1)を認識し、腎糸球体基底膜に沿って沈着します。それぞれのモノクローナル抗体を単回静脈投与もしくは腹腔内投与すると、1-2日以内にラットに軽症から重症の腎炎を発症が認められます。

  1. モノクローナル抗体b35(IgG2b):血尿や肺出血を伴う激しい腎炎を惹起します
  2. モノクローナル抗体a84(IgG2a):血尿を伴う激しい腎炎を惹起します
  3. モノクローナル抗体114(IgG1):b35およびa84と同用量で軽度の腎炎を惹起します

SPFで飼育された7~8週令のWKY/NCrl(米国)、WKY/NCrlCrlj(日本)及びWKY/NlcoCrl(欧州)または亜系統のSHR/NCrlラットをお使いください。理由は未だわかりませんが、WKYラットの亜種であるWKY/NHsd、WKY/1zm及びWKY/kmは腎炎に対して低感受性です。
またSHR/NCrl(高血圧ラット)はモノクローナル抗体誘発腎炎に高い感受性を示しますが、SHR/NHsdは耐性を示します。GBMに対して感受性であり、腎炎を発症すると報告されているBroen-Norway(RT1n)ラットはモノクローナル抗体誘発腎炎には耐性です。

腎炎惹起用抗体投与により、ボウマン嚢癒着や半月体形成のような糸球体外変化や顕著な糸球体腫脹など、著しい組織像の変化が観察されます。

タンパク尿誘発におけるモノクローナル抗体の用量依存性

肺出血におけるモノクローナル抗体の用量依存性

製品番号製品名濃度容量価格詳細情報
70201Nephritogenic Monoclonal Antibody, Clone 1141 mg/ml1 ml¥165,000データシート
702051 mg/ml5 ml¥799,000データシート
70211Nephritogenic Monoclonal Antibody, Clone a841 mg/ml1 ml¥165,000データシート
702151 mg/ml5 ml¥799,000データシート
70221Nephritogenic Monoclonal Antibody, Clone b351 mg/ml1 ml¥165,000データシート
702251 mg/ml5 ml¥799,000データシート

腎炎惹起用IV型コラーゲンNC1フラグメント

糸球体基底膜(GBM)の主要成分であるIV型コラーゲンの非コラーゲン性ドメイン(NC1)の免疫によりWKYラットに糸球体腎炎を誘導することができます。また、マウスおよびラットの腎IV型コラーゲンから精製したNC1フラグメントは、GBMに対する自己抗体を研究するために使用できます。

製品番号製品名容量形状価格詳細情報
1102NC1 Fragment of Bovine GBM Type IV Collagen1 mg凍結乾燥品¥69,000データシート
1106NC1 Fragment of Mouse Renal Type IV Collagen0.1 mg凍結乾燥品¥76,000データシート
1104NC1 Fragment of Rat Renal Type IV Collagen0.1 mg凍結乾燥品¥76,000データシート

ラット尿タンパク質測定キット

尿タンパクの濁度測定法は、経済的で簡単かつ正確に測定できるので、ヒト尿中タンパク質濃度を測定するために広く用いられています。しかしラットから採取される尿量は16時間収集において0.1~20 mlとばらつきが大きく、通常の方法を用いてタンパク質測定をするには十分な量が採取できない場合も多くあります。また分光光度計でサンプルの濁度(OD450 nm)を各々測定することは手間がかかります。
Chondrexのラット尿タンパク質測定キットは96ウェルプレートを用いた濁度測定法であり、多数のラット尿サンプル中のタンパク質濃度の測定に有用です。尿サンプルのタンパク質濃度は濁度法でもBradford測定法でも求めることができますが、3%スルホサリチル酸を用いた濁度法は濁度が数時間安定であり、広い検量線の範囲を有していることから、多くのサンプルを測定する際にはBradford法よりも優れています。
一方、いずれの測定方法を用いるにしても、ウシ血清アルブミン(BSA)はスタンダードとして用いることができません。濁度法によるBSAの用量依存曲線は血清タンパク質の用量依存曲線とは大きく異なります。またBradford法によるグロブリンのOD値はBSAの70%値です。正常ラット血清から作製された尿タンパク測定用スタンダード溶液は、測定法に依存せず尿中タンパク質濃度の測定のための標準品として用いるのに適しています。

製品番号製品名容量価格詳細情報
9040Rat Urinary Protein Assay Kit1 Kit¥22,000データシート
90401Rat Urinary Protein Assay Standard
(4 mg/ml)
1.5 ml¥14,000-

カチオン性ウシ血清アルブミン(cBSA)

膜性腎症(MN)は、ヒトのネフローゼ症候群の最も一般的な原因の1つであり、糸球体基底膜(GBM)に沿った免疫複合体の蓄積によるタンパク尿を含む、炎症と腎不全を特徴としています。マウスをカチオン性ウシ血清アルブミン(cBSA)で免疫すると、マウス腎臓にcBSA-IgG免疫複合体が沈着し、免疫複合体糸球体腎炎(ICGN)として知られる膜性腎症を誘導することが報告されています。コンドレックスではBulb/cマウスおよびICRマウスでICGNを誘導するためのcBSAをご提供しております。

製品番号製品名容量価格詳細情報
9058Cationic bovine Serum Albumin (cBSA)20 mg
(2 mg/ml)
¥20,000データシート

尿中アルブミン測定キット

尿中のアルブミンの排泄は、健康な個体では非常に低いですが、糸球体腎炎や糖尿病性腎症における腎損傷によって増加します。敗血症、糸球体腎炎および糖尿病性腎症のような動物モデルでの尿中のアルブミンレベルは、ヒト患者と同等に疾患の重症度及び治療効果を評価するために有用であることが示唆されます。マウス腎臓ではビリルビンのような血清成分を漏出するので、濁度測定法では偽陽性反応を示す為マウス腎炎の評価にはタンパク尿よりもアルブミン尿が良好なマーカーとなります。また、これらのキットは血清中アルブミンの測定にも使用できます。

製品番号製品名容量価格詳細情報
3012Mouse Albumin Detection Kit1 Kit¥71,000データシート
3020Rat Albumin Detection Kit1 Kit¥71,000データシート

抗DNA抗体測定キット/抗DNA抗体

腎障害を併発する多くの全身性エリテマトーデス(SLE)患者では、DNAに対する自己抗体が高レベルで検出されます。抗DNA抗体は抗DNA/DNA免疫複合体を形成し、ループス腎炎として知られる腎障害の発症に重要な役割を果たします。抗DNA抗体の特異性に関して、抗一本鎖DNA(ssDNA)IgG抗体はSLEの初期で誘発されますが、抗二本鎖DNA(dsDNA)IgG抗体レベルはSLEの重症度と相関します。一方、抗dsDNA IgM抗体はSLEに特異的ではなく、SLE患者におけるループス腎炎からの保護と相関します。
マウスの自己免疫性腎炎モデルにおいてもssDNA、dsDNAに対する免疫グロブリンアイソタイプの測定には、腎炎の病態を評価する上で重要な指標となります。

製品番号製品名容量価格詳細情報
3031Mouse Anti-dsDNA IgG Antibody Assay Kit1 Kit¥84,000データシート
3041Mouse Anti-ssDNA IgG Antibody Assay Kit1 Kit¥86,000データシート
3032Mouse Anti-dsDNA IgM Antibody Assay Kit1 Kit¥84,000データシート
3042Mouse Anti-ssDNA IgM Antibody Assay Kit1 Kit¥86,000データシート
製品番号製品名クローン名交差反応性適用容量(1 mg/ml)価格詳細情報
7115Mouse Anti-DNA IgM Monoclonal Antibody2H6G7ssDNA, dsDNAELISA, WB100 µl¥50,000データシート

ブロモフェノールブルー(BPB)タンパク質測定キット

ブロモフェノールブルー(BPB)は、中性から酸性条件下でタンパク質に結合します。
この特性からBPBは高濃度の界面活性剤で可溶化した細胞膜及び培養細胞などのタンパク質濃度を測定することができます。これは試料中の界面活性剤の影響を受けるクマシーブルーと比較すると大きな利点となります。

げっ歯類の腎疾患マーカーである尿タンパク質濃度は、通常ディップスティック法により測定されます。しかし、この方法は尿の量および色の影響を受けるため不正確な測定結果につながる可能性があります。Chondrexは尿タンパク質を測定するための簡単で正確な代替法であるBPBタンパク質測定キットを提供します。BPBは、グロブリンよりもアルブミンに対しての親和性が高いため、この測定法はアルブミン尿症を反映します。

製品番号製品名容量価格詳細情報
6026Bromophenol Blue(BPB) Protein Assay Kit1 Kit¥25,000データシート

抗ホモシステイン誘導小胞体タンパク質(Herp)抗体

ホモシステイン誘導小胞体タンパク質(Herp)は、ループス腎炎患者の末梢リンパ球由来cDNAライブラリーをスクリーニングすることにより、ループス腎炎患者の抗DNA抗体を惹起させるミミック抗原として発見されました。Herpは様々な細胞の小胞体膜内に存在し、ウイルス感染、低酸素症またはカルシウムイオンの不均衡などのストレスにより産生が増加します。
Chondrexでは、ウエスタンブロット、免疫染色またはELISAによってHerpを検出可能なモノクローナル抗体を提供しております。

製品番号クローン名抗原ホスト交差反応性適用標識容量
(1 mg/ml)
価格詳細情報
7039HT2HerpMouseHumanELISA, IHC, WB100 µg¥50,000データシート
7040Biotinデータシート

資料請求・製品に関するお問合せは弊社企画開発課まで

企画開発課 [TEL] 03-3241-2573 [FAX] 03-3279-6397