1. CofAを入手するにはどうすればいいですか

ウェブサイトのフッターの「TOOLS & RESOURCES」中の「Certificates of Analysis & Batch Data」を選択し、バッチ(ロット)番号を入力してください。ログインあるいはアカウントの登録が求められます。ログインするとCofAが登録されたアドレス宛に電子メールで送信されます。 また、バッチ番号を使用して、利用可能な製品インサート、QC シート、データパック、GC-MS データをリクエストすることもできます。 CofA が利用できない場合は弊社企画開発課までお問合せください。

2. カスタム合成にはどれくらいの時間と費用が必要ですか

カスタム合成にかかる時間とコストは、希望する化合物の構造と合成の複雑さに応じて異なるため一概には言えません。しかし、化合物によっては数週間で提供することができ、将来的にはカタログ価格で提供することができます。

3. GC-MSの結果がウェブサイトの情報と異なりました. 何が問題でしょうか

GC-MSの結果に影響を与える要因は、試料調製、濃度、装置のパラメーターなどいくつかあります。実験室により試料の取り扱いが異なるため、問題を特定にはより多くの情報を提供いただく必要があります。GC-MSに関するご質問は、テクニカルサポート(techserv@caymanchem.com)へご連絡いただくか、弊社企画開発課までお問合せください。

4. 2H標識(重水素化)標準物質よりも13C標識の内部標準物質を使用するメリットはありますか

13Cを組み込んだ内部標準物質(IS)は、一般的にコストが高いか、市販されていないため、重水素化されたISよりも使用頻度が低くなっています。しかし、13Cの内部標準物質は多くのアプリケーションで優れていると考えられております。理想的な内部標準物質とは、目的の分析物と構造的に似ていて同位体ラベルの交換や消失が起こりにくく、目的の分析物と同じ保持時間と反応率を持つものです。これにより、研究者は、複雑な生体マトリックスから単離される必要がある特定の分析物の定量に自信を持つことができ、他のサンプルの取り扱いや装置の状態を 正規化することができます。13C ISは、ネイティブ分析物と同じ保持時間と応答係数を持ち、同位体スクランブリングはできません。

5. カタログ製品をバルクサイズで販売していますか

Cayman Chemical社の製品のほとんどはグラム単位で提供することができます。お見積りをご希望の場合は弊社企画開発課までお問合せください。

6. 販売している化合物は細胞培養に使用できますか

多くの場合で使用可能です。しかし、化合物は通常無菌性の確認はされません。化合物を細胞培養に使用する場合は、ストック溶液の無菌ろ過を推奨しております。また、通常エンドトキシン濃度は検査されません。

7. 溶解した化合物の安定期間はどれくらいですか

一般的にサプライヤーは可溶化された化合物の安定性試験を実施しておりません。そのため、製品の説明には溶液の安定性に関する記述がない場合が多いです。記載されている安定性とは、未溶解の固体化合物に関する記述になります。溶液状態で提供される化合物の場合の安定性は、提供された溶媒中における化合物の安定性を指します。通常その他に安定性に関する提供可能なデータはございません。

8. ELISAキット製品はプロトコルに記載されていない種からのサンプルに適していますか

抗原がタンパク質ではなく、プロスタグランジンやステロイドホルモンのような様々な種において構造が同一の分析物である場合、幅広い種の反応性を想定することができます。ただし、このような場合はサンプルが製品マニュアルに記載されている検出範囲と一致していること、またアッセイがサンプルタイプに検証されていることを確認する必要があります。サンプルが固定化捕捉抗体が標的とする種の場合、ELISA測定を行う前に検体を精製し、内因性免疫グロブリンの除去を推奨します。

9. 製品の使用期限が過ぎた場合はどのようにすればいいですか

メーカーに同一バッチの材料が在庫されている場合は、再検査を行い、可能な限り有効期限を延長しています。バッチの有効期限が延長されているかを確認するにはオンラインにてご確認いただくか、弊社企画開発課までお問合せください。

10. 重水素化した標準物質の中に、重水素化した化合物が不均一に混合しているように見えます. これは正常なのでしょうか

これは重水素化製品の典型的なものです。Cayman Chemical社の重水素化製品には1%未満のd0が含まれています。しかし、ラベル化された化合物は製品添付書記載の重水素化形態の100%ではありません。例えば、2-アラキドノイルグリセロール-d8の分析では、d7、d6、d5などに関連する質量が見られるはずです。

11. カタログ製品の分析証明書、分析確認書、安全性データシートはどのように取得すればよいですか?

CofAとSDSはCayman Chemical社ウェブで確認することができます。CofAを取得するには、オンラインアカウントに登録するか、既存のアカウントにログインする必要があります。CofAは、登録アドレス宛に電子メールで送信されます。SDSを入手するには、該当する製品ページから直接PDFをダウンロードすることができます。また日本語SDSをご希望の場合は、国内法令該当物質を含む製品について提供しておりますので、弊社薬事部までお問合せください。

12. アッセイキットを使用する前にサンプルの精製/抽出/濃縮の必要はありますか

サンプルのクリーンアップは使用するアッセイまたはサンプルタイプに固有のものです。キットのプロトコルに従うことを推奨します。ご使用のサンプルタイプがプロトコルに記載されていない場合は弊社企画開発課までお問合せください。サンプルクリーンアップは潜在的な干渉物質の除去や他の物質へ結合した標的物質の放出、再現性の向上など多くの利点があります。

13. データ分析のためのツールを提供していますか

はい。https://www.caymanchem.com/chemassistant の分析ツールをご覧ください。

14. 製品ページに表示される「Ready to Ship」、「Ships in 1-2 Days」、「Contact for Status」はどのような意味ですか

「Ready to Ship」と表示される製品はご希望のサイズで本国在庫があります。「Ships in 1-2 Days」と表示される製品は計量またはバッチ分割によりご注文を満たすのに十分なバルク在庫があります。「Contact for Status」と表示される製品は下記のような配送の遅れに関する条件を満たす可能性がありますが、これらに限定されるものではありません。
・その製品は、品質管理評価の対象となります。
・合成や開発に必要な原料を調達しています。
・その製品の合成または開発に必要な原料のサプライチェーンの問題により、その製品がバックオーダーとなります。
特定の製品の在庫状況については弊社営業部あるいは企画開発課までお問合せください。

資料請求・製品に関するお問合せは弊社企画開発課まで

企画開発課 [TEL] 03-3241-2573 [FAX] 03-3279-6397

本ページに掲載の商品は全て研究用試薬です。研究目的以外の用途にはご使用できません。また、個人の方への販売は行っておりません。