【公募】令和6年度「医療機器等研究成果展開事業(開発実践タイプ)」に係る公募について

担当機関
日本医療研究開発機構(AMED)
事業分野
医療機器・ヘルスケアプロジェクト
予算規模
1年度目、2年度目:医療機器クラス分類Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ:1課題当たり上限年間20,000千円(間接経費を含まず)3年度目:医療機器クラス分類Ⅱ:1課題当たり上限年間26,900千円(間接経費を含まず)医療機器クラス分類Ⅲ:1課題当たり上限年間50,000千円(間接経費を含まず)医療機器クラス分類Ⅳ:1課題当たり上限年間60,000千円(間接経費を含まず)※本タイプは、主にクラス分類Ⅱ~Ⅳの医療機器開発の支援を想定していますが、既存の 技術・機器と大きく異なる革新的な提案も対象となります。
公募期間
令和5年12月22日(金)~令和6年1月29日(月)12時00分 正午【厳守】
研究開発予定期間
3年以内(原理検証1~2年度目+要求仕様決定3年度目)
公募内容
基礎的,応用
採択予定数
0~12課題
詳細URL
https://www.amed.go.jp/koubo/12/01/1201B_00087.html
事業概要
本タイプの目標は、原理検証フェーズ(1~2年度目)で要素技術の原理を検証し、開発する医療機器・システムのコンセプト及び性能の決定することとします。要求仕様決定フェーズ(3年度目)では、医療現場等のニーズおよび要求仕様を満たしたプロトタイプ機の完成とします。 本タイプの成果は、本タイプ終了後、事業化を進めるため他事業(例:医工連携イノベーション推進事業)への申請、事業化を目指した企業への導出とします。
応募資格
国内の研究機関等(アカデミア)に所属し、かつ、主たる研究場所とし、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う研究者(研究開発代表者)とします。(将来の医療機器開発を牽引する若手の研究者の応募を推奨します)詳細は、公募要領をご覧ください。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構のページをもとに作成(https://www.amed.go.jp/koubo/12/01/1201B_00087.html)