【公募予告】令和6年度「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)」に係る公募について

担当機関
日本医療研究開発機構(AMED)
事業分野
シーズ開発・研究基盤プロジェクト,感染症
公募期間
令和5年8月下旬~令和5年10月下旬(予定)
詳細URL
https://www.amed.go.jp/koubo/20/01/2001A_00069.html
事業概要
SATREPS(サトレップス Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development)は、開発途上国のニーズを基に、地球規模課題を対象とし、将来的な社会実装の構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進します。地球規模課題とは、一国や一地域だけで解決することが困難であり、国際社会が共同で取り組むことが求められているグローバルな問題を指します。SATREPSでは様々な地球規模課題の解決、科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術の獲得、そしてこれらを通じたイノベーションの創出を目的としています。また、その国際共同研究を通じて、開発途上国の自立的研究開発能力の向上と、課題解決に資する持続的活動体制の構築を図ります。 対象分野:感染症分野「開発途上国のニーズを踏まえた感染症対策研究」 研究開発実施予定期間:最長5年(令和7年度~令和11年度)令和6年度に、研究準備のための暫定期間をおく 暫定期間とは、R/D及びMOU締結など研究開始のための準備期間をいう。 予算規模:1課題あたり1億円程度/年(AMED委託研究経費 3,200万円程度/年、別途JICAがODA技術協力経費(6,000万円程度/年)を支援)※上記については昨年度公募時の情報であるため、今後変更が生じる可能性があります。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構のページをもとに作成(https://www.amed.go.jp/koubo/20/01/2001A 00069.html)